読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校では教えてくれない裏の価値観

日常に根ざした事柄を追求して、はっきりといわせてもらいます。

西野カナが震えるメカニズムを探る

思考停止 教育 疑問 日本社会
f:id:HOUHIN:20141208171545j:plain

西野カナの震える話と恋愛免許制度について。


あの人は、何故にそんなに会いたくて震えてるのか?
同じような事は、とっくに誰かが論じているのだろうが、今回、こちらでも同じ内容に気がついたので、発表します。
実は…
震えるなどという尋常でないその姿は、実は恋愛がもたらす精神的依存症による禁断症状だったのである!(何を今更?と思った方すみません)
つまり「恋」というハードドラッグの禁断症状で、西野カナは震えている。
好きな異性と親しくすることが、西野カナ自身に強烈な多幸感を与えてくれるのなら、その多幸感を再び欲する気持ちが、強い依存を引き起こす。
そんな人にとって「恋」はもう強烈な精神作用のあるドラッグと同じだ。(つまり西野カナがハードドラッグを覚えたら最後、止められなくなるんだろうな)
事実、世の中には恋愛依存症という言葉もあるくらいなのだからね、あながち間違ってないと思う。
まあ、この恋というドラッグは違法ではないので、規制はされません。
…が、禁断症状が酷く、人を害する恐れが有り、人を殺してしまうことも偶にあるので、やはり注意しましょう。
そして、恋というドラッグのお相手は生きている人間なので、迷惑にならないように、お互いの温度差に注意して接しましょう。温度差が凄い接し方をすると、相手はもれなくドン引きです。

恋愛について、少しも教育制度がないことが、この国はおかしい。
おかげでストーカーの末の殺人すら起きてしまう。
こんな危険なもの、免許制度を導入したほうがいい。ほんとに。

免許取れなかったor無免許の奴は、恋愛したら即逮捕。