読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校では教えてくれない裏の価値観

日常に根ざした事柄を追求して、はっきりといわせてもらいます。

選挙カーでわめく反面教師のゲス野郎たち

暴言 宣伝 ブラック企業 日本社会
えーと、今回はいつもより暴言吐きます。
元ネタ
 
 
 
 
 
「政治家って、なんだ?」
「それは、この日本に暮らす全ての国民がより良く暮らせるように、あらゆる事を考えて行動に移す人達のことだ」
「え、そうなの?俺はてっきり、もっともらしい嘘をつきまくって、当選を果たしたら踏ん反り返って何もしない上に、我々の税金で私腹を肥やす事だけには熱心なクソ野郎だと思ってた…!」
 
 
いや、本当に不思議なんだよ。
一体なんなのだ、あの連中は。
なんの志も持たず、欲しいのは権力と金。
そのために何でもかんでも嘘をついて善良な市民を騙しては騙し、何が清き一票だ馬鹿野郎!
選挙ポスターの顔も薄汚い微笑みを浮かべてやがる。
選挙カーに乗り込んだアルバイトのババア共は下らない媚を売ってきやがるし、選挙カー自体はゆっくりダラダラと走りやがる。そいつらのほざく事が国民の生活のためだと?だったら交通の邪魔だから帰れよ。
 
そして、何が「ありがとうございます」だ。
お前らに感謝されるようなことは一つもないし、感謝されたくもない。いい加減にしてくれ。
もうお前らのその呪文は、聞き飽きたを通り越してとっくに不快のど真ん中だ。
自民党公明党共産党民主党だ、もう信じちゃいないよ。
それどころか良識のある人にはとっくに「あんなクソみたいな大人にはなっちゃいけません」と反面教師として見られてるんだよ。
何が「この国のために、皆さんのために!」だよ。選挙カーの近くにいるとき心の中で何度「うるせーんだよクソババア!!」と叫んだことか。
その時拡声器があったらどれだけdisできたのかを思うと残念だよ。
 
 
 
公明党は宗教だから信者がなくならない限り大丈夫だね。
他の連中も、ブラック企業との癒着を怠らなければ再選できるよ。
 

この国の政治家は腐ってやがる。どいつもこいつもゲスしかいない。

果たして、この国の政治は他の国に比べて、それでもまだまともなのだろうか?
 
 
 
 
どさくさに紛れて大好きなブルーハーブを宣伝しちゃいまチュ。
↓選挙の内容の曲です。

 

 

 

TOTAL

TOTAL