読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校では教えてくれない裏の価値観

日常に根ざした事柄を追求して、はっきりといわせてもらいます。

男女交際免許制度

恋愛感情は本当に危険な側面がある。

世の中には沢山の男と女がいます。
その中でも、比較的良いと思われる男女は限られており、現在もなお、全国各地で優良な男女の争奪戦が繰り広げられてますね。
相手に好かれて求められた人は、その人から見て優良な異性であると認められたのだから光栄でもあるし、有難く感じることもあるでしょう。
しかし、求めてきた相手が特に好きでないどころか、苦手なレベルの相手であったなら、その思いは決して有難いものではなく、それはむしろ恐怖でしかないということに、どれほどの人々が気付いてるんでしょうか?
かく言うこの私も、これに関する失敗経験が…。

恋というものは見事に人を狂わします。
相手の愛が、欲しくて欲しくて仕方なくて、どんな犠牲を払ってでも手に入れたいと、そういう気持ちになった経験がある人は割と多いのではないでしょうか。
好きだという気持ちは、基本的には悪いものではないというのは、確かにそうとも言えますが、この思いが客観的にも美化されるパターンと申しますのは、残酷なことにかなり限られているのです。

それは、そこそこに容姿が優れ、清潔感のある若い男女の場合のみです。
ハッキリと言わせてもらいますが、この場合以外の連中の恋煩いは、殆ど恐怖しか生みません。


考えてみてください。
キモい不潔な中年男が、清潔感のある若くて可愛い女の子に恋煩い。
これは美化するどころか、即座に警察に突き出すべきではないかと錯覚してしまうほど、恐ろしい光景です。

逆も然り。
ブスで年増な喪女が、清潔感のある若いイケメンに恋煩い。
こんな光景を美しいなあ、応援したいなあと思える方は、正常ではありません。

この例は極端な例ではありますが、恐ろしいことに割と珍しくない実例でもあります。
時にはストーカーへ発展し、凄まじい恐怖と悲劇を引き起こす、完全なる社会悪であり犯罪です。
社会悪や犯罪と言うのは可哀想ですが、現実は残酷なのです。
一部の方々の純愛は、警察が取り締まる必要があるのです。冗談ではなく、割とマジで。

全ての人が、幸せになれる世界じゃないんですよ。この世界は。
全ての人が、分相応な価値観を抱けるのならまだしも、世の中の価値観は基本的には共通しており、冒頭でも申した通り、良いとされる男女は限られてます。
その、良いとされる男女の中でのみ、争奪戦が繰り広げられているのなら、比較的平和な恋愛模様ではあるのですが、この優良男女の争奪戦にエントリーしようとする輩は、その限りではありません。

だから、ほうひんは考えてみました。

極論ではありますが、以前にも記事にした時に口にしましたが、男女交際は免許制にします。
免許にも階級制度を設け、レベルによって分相応の人々の中で争奪戦を行うようにするのです。
よりレベルの高い免許が欲しくば、自分を磨き上げ、試験に臨み、合格したら免許交付を認められるというものです。
もちろん、この提案には全国各地で沢山の不平不満が沸き起こるでしょう。
しかし、この提案は確実に支持されますよ。
求められる当事者である、良いとされる男女の方々のほとんどには。

AKBとかのアイドルも、キモいおっさんに好かれてウットリするわけがないでしょう。
金が欲しいから我慢して握手してるだけです。

ジャニーズも…以下略。