読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校では教えてくれない裏の価値観

日常に根ざした事柄を追求して、はっきりといわせてもらいます。

ブログは現代版タイムカプセル。

インターネット エゴ コミュニティー
f:id:HOUHIN:20141209045707j:plain

最近こうして記事を書いていて気づいたこと。

それは…

ブログという手段を用いて個人の生きた記憶を残すことこそが、あるいは人生の中でも特に大事なワークなのかもしれないぞ!という事です。

写真を残すことも良いとは思うのだが、どんな人であったのか?、どんな人生を送ったのか?どんな哲学を持っていたのだろうか?写真から推測できる情報には限りがある。
だから、沢山の情報を伝えたいのなら文章で書き残せるブログのほうがいい。
今を生きる人間の、日常や考えや経験を文章を通して読み取ることができる。
それも、多くの場合はちゃんとした読みやすいコンテンツになっている。
自分という人間がどのような考えで生きているのかを他者に伝えたい時にも大いに役立つ。
文章というものは自由度が高いものだ。組み合わせは無限大で、やりようによっては傑作にもなり得る文章が誕生する。
さらに文章は新たな世界観すらやすやすと創造する。
架空の世界のドラマまで描けるのが文章である。
 

ブログは日本の文化への貢献だろう。

ブログとは、個人の人生という生きた証を残す作業である。
そしてそれは、世の中に対して非常にポジティブな行動だと言える。
なぜならこれは、自分のためでもあり、人のためにもなるからである。
だから、読んだ人の利益になる文章を書いて書いて書きまくるワーク、これを行ったブロガーはかなり日本の文化に貢献したといえるはずだ。
 
数年後に自分の記事を見て感慨深くもなれるこれは、やっぱり現代版タイムカプセルだとも言える。そして同時に生きてきた証を残すことでもある。
 
みんなちゃんと良い文章を書いているよ!

ヤローチックショー!負けてられん!
俺もやろう!

 

 

LIFE STORY

LIFE STORY